月極駐車場を貸したい、使いたい。駐車場をもっと近くに。駐車場ライフレシピサービス

駐車場でLPWA無線通信と電子ペーパーを活用した電柱広告の実証実験を開始

電子ペーパー等を活用した電柱広告の実証実験を開始

東電タウンプランニング株式会社とパナソニック株式会社は9月13日、2018年9月13日より、日本パーキング株式会社(NPC)が管理運営する駐車場で、LPWA無線通信と電子ペーパーを活用した電柱広告の実証実験を開始する、と発表した。

(画像はプレスリリースより)

LPWAとは、Low Power Wide Areaの略で、低消費電力で遠距離通信が可能な通信方式のこと。

電子ペーパーとは、紙の読みやすさ・軽さ・曲げ易さと、自由に書き換え可能な電子ディスプレイの両方の長所を持った媒体のこと。

道路上の電柱に駐車場の空き状況を表示

今回の実証実験は、NPCの駐車場の看板と、周辺道路に設置した電子ペーパー付電柱広告とがLPWA無線を使って通信することで、電柱広告に駐車場の空車・満車情報をリアルタイムに表示するもの。

駐車場利用者は、幹線道路等からは見えない街中や路地裏にある駐車場の空き状況を、道路に設置した電柱広告から知ることができる。

駐車場オーナーにとっては、稼働率向上につながる。また、周辺道路の渋滞緩和や違法駐車の解消にも役立つという。

実証実験において、東電タウンプランニングは電柱広告による新たな広告効果と事業性を検証する。

パナソニックはLPWA無線通信とシステム全体の開発、三和サインワークス株式会社が筐体と看板の開発、大日本印刷株式会社が電子ペーパーの開発を行うとのこと。

東電タウンプランニング株式会社のニュースリリース
https://www.ttplan.co.jp/