月極駐車場を貸したい、使いたい。駐車場をもっと近くに。駐車場ライフレシピサービス

コインパーキングの経営者が入るべき保険とは?

リスクを回避するために「保険」に入る

コインパーキングなどの駐車場経営にあたっては、利益を確保することは勿論ですが、リスクもなるべく避けたいところです。

駐車場トラブルはよく起こりがちなリスクの一つであり、当て逃げや駐車場利用者同士の物損事故、設備故障による事故などが挙げられます。

基本的に駐車場利用者同士の物損事故については、当事者同士で解決する問題ですので経営者が間に入るようなことはありません。

しかしながら、設備を当て逃げされてしまい犯人が分からない、設備が故障して利用者や第三者を事故に巻き込んでしまったというような場合は経営者が賠償をしなければなりません。

ただ、賠償と言っても、規模や金額は想像がつきませんよね。そこで入っておきたいのが万が一のリスクに備える「保険」です。特に、自分でコインパーキングを経営している方は前向きに考えておきましょう。

なぜなら、コインパーキングのような無人の駐車場ではリスク発生時の迅速な対応が難しいケースが多いからです。経営委託している場合は業者側で全て対応・補償してくれるかもしれませんが、自分でコインパーキングを運営している場合は自分で対応・補償する必要があります。

(画像はACより)

コインパーキングの経営者におすすめの保険とは?

自分でコインパーキングを経営されている方におすすめの保険は、

・財産保険
・設備損害責任保険
・機械損害責任保険

の3つです。

「財産保険」とは、損害保険会社が販売している火災保険のラインナップの一つです。財産保険では、駐車場の屋外設備に対して保険をかけることが可能です。例えば、看板、フェンス、ロック装置、精算機といった設備が保険の対象となります。

財産保険に入ることによって、「当て逃げ」のリスクに対応することが出来ます。コインパーキングは無人かつ短時間利用が多いために、有人駐車場や月極駐車場に比べると当て逃げ事故が発生しやすくなります。

防犯カメラを設置して当て逃げ対策することも可能ですが、犯人が見つからないリスクを考えると財産保険でカバーしておいた方が安心です。

「設備損害責任保険」は、駐車場内の設備が原因で駐車している車や人に損害を与えてしまった場合に補償してくれる保険です。

具体的には、強風や台風で看板が外れてしまい、駐車中の車にぶつかって車体に傷を付けてしまった、というような例が挙げられます。

「機械損害責任保険」は、機械を使った立体駐車場などの設備に不良があり、それが原因で事故や損壊が発生した場合に補償してくれる保険です。

全て入るべき!?駐車場の状況を考えて見極める

リスクのことだけを考えれば「財産保険」「設備損害責任保険」「機械損害責任保険」の全てに入った方が安心です。

そうは言っても、利益のことを考えると本当に全部必要かどうか悩むこともあると思います。これは全て入らなくてはならないという訳ではなく、保有する駐車場の環境や規模を考えて見極めれば良いでしょう。

例えば治安が悪く、利用客のマナーに不安があるような場合は「財産保険」に入っておき、当て逃げをカバーします。

人通りが多いところに駐車場がある場合は「設備損害責任保険」に入っておき、「風で看板が吹き飛んで通行人を怪我させてしまった」というような不安をカバーします。

機械損害責任保険に関しては、小規模な駐車場であれば大規模な駐車場に比べて機械が原因で事故や損壊が発生するリスクも少ないと考えられるので、日頃のメンテナンスをしっかりと行う前提で、あえて入らないという選択肢もあります。

このように、駐車場を取り巻く環境や駐車場内の状況を把握した上で、適切な保険を選ぶと良いでしょう。

これらの保険は損害保険会社が取り扱っており、補償内容や保険料も様々です。この機会に複数の会社から見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。