月極駐車場を貸したい、使いたい。駐車場をもっと近くに。駐車場ライフレシピサービス

京都市で駐車場の空きスペース等を活用したシェアサイクルサービス「PiPPA」開始

京都市内でシェアサイクルサービス「PiPPA」を開始

大和ハウスパーキング株式会社、株式会社オーシャンブルースマート、京阪電気鉄道株式会社の3社は5月28日、年6月1日(金)より京都市内で、こころ結び型シェアサイクルサービス「PiPPA(ピッパ)」を開始する、と発表した。

(画像はプレスリリースより)

市内のシェアサイクルポートならどこでも借りて返せる

京都市は、大学生の人口割合が高く、自転車利用ニーズが高い。また、観光客も多く、観光スポットに集中し、混雑や交通渋滞を招いている。

混雑解消の方法としてレンタサイクルが提供されているが、借りた場所へ返す必要がある往復利用に限定されるため不便であった。

そこで、3社は、京都の居住者、大学生、観光客用に、PiPPA専用ポートを設置し、市内のどこでも借りて返せるシェアサイクル「PiPPA」のサービスを始める。

「PiPPA」は、自転車にGPSを搭載したスマートキーを取り付け、1台の自転車を複数人でシェアするサービスである。

ユーザは、スマートフォンにより、貸出・返却場所のシェアサイクルポートを検索し、予約・決済の手続きを行うことができる。

大和ハウスパーキングは、駐車場の空きスペースをシェアサイクルポートとして提供、用地の新規開拓などを行う。

オーシャンブルースマートは、シェアサイクルの開発、アプリケーションの運営・管理を行う。

京阪電気鉄道は、京阪電車の出町柳、神宮丸太町、三条、七条の4駅に、シェアサイクルポート設置場所を提供する。

6月1日には、京阪電車の4駅を含む京都市内22ヵ所のシェアサイクルポートを設置し、約100台のシェアサイクルを用意する。

今後、2018年中に京都市内50ヵ所のシェアサイクルポートを設置、500台の自転車を準備し、京都市内の交通渋滞の緩和に寄与したいとのこと。

大和ハウスパーキング株式会社のニュースリリース
https://www.daiwahouse.com/