月極駐車場を貸したい、使いたい。駐車場をもっと近くに。駐車場ライフレシピサービス

軒先、J2クラブのレノファ山口FCと業務提携締結

スタジアム周辺の駐車場不足解消を目指す取り組みがさらに拡大!

駐車場シェアシステムの「軒先パーキング」を手がける軒先株式会社は2日、J2クラブチーム「レノファ山口 FC」を運営する株式会社レノファ山口と業務提携を締結、同チームのホームスタジアムで開催する公式戦において、駐車場不足の解消や周辺エリアの交通渋滞緩和、違法駐車の未然抑止を目指した取り組みを進めていくと発表した。

レノファ山口 FCは、1949年創設の山口県サッカー教員団に端を発するJリーグ加盟チーム。2006年にクラブチーム化を行い、現在のチーム体制となった。現在は山口県内の全19市町をホームタウンとし、オレンジのチームカラーでJ2に所属、山口市の「維新みらいふスタジアム」をホームスタジアムとして活躍している。

『山口県民に愛され、山口県民へ感動・勇気・元気を与える山口県民による真の地元クラブを創造する』ことを目的として設立されたレノファ山口 FCは、地域に密着した地方創生につながる取り組みを積極的に実施するとともに、アカデミーやレディースの設立など、サッカーを通じた地域の青少年における健全な育成サポート、スポーツの普及・振興活動も進めていることで知られる。

(画像はプレスリリースより)

地域に愛されるクラブチームの観戦をより快適に!

一方の軒先では、空き駐車場を事前にリーズナブルな料金で予約したり、空きスペースや遊休不動産を保有するオーナーが手軽に駐車場として希望者へ貸し出し、土地の有効活用を図って収益化を進めたりすることができる「軒先パーキング」のサービスを提供している。

また、最近ではJリーグに加盟するプロサッカークラブと提携し、公式戦開催時の駐車場不足に対応すべく、近隣駐車場やスタジアムの臨時駐車場を事前に予約できるサービスの実現を進めてきている。すでにサンフレッチェ広島や川崎フロンターレ、アビスパ福岡などとの提携実績がある。

今回のレノファ山口 FCと締結した業務提携も同様のもので、レノファ山口 FCがホームとする、維新百年記念公園内の「維新みらいふスタジアム」で開催される公式戦の当日に、来場者らの駐車場利用をスムーズにし、利便性を向上させるほか、スタジアム周辺エリアで発生する交通渋滞の緩和や違法駐車を防止し、地域の問題解決を図る。

今後、軒先は提携をもとに、同スタジアム周辺の遊休地や住宅駐車場、月極駐車場、商業施設駐車場など、活用可能な空間の開拓を積極的に進めていく方針だ。

軒先株式会社 プレスリリース
https://www.nokisaki.com/docs/NR20180302_nokisaki.pdf

「レノファ山口 FC 」 公式サイト
http://www.renofa.com/