月極駐車場を貸したい、使いたい。駐車場をもっと近くに。駐車場ライフレシピサービス

アズームとエスコ、駐車場の収益化と省エネによるコスト削減を提案するサービス開始

駐車場の収益化と省エネルギーによるコスト削減を提案

株式会社アズームと株式会社エスコは2月23日、業務提携により、分譲マンション管理組合に向けに、「駐車場の収益化」と「省エネルギーによるコスト削減」を同時に提案できる体制を平成30年2月中旬から構築する、と発表した。

(画像はプレスリリースより)

管理組合の空き駐車場問題に対し安定的な運営をサポート

かつて分譲マンションの駐車場は、収容台数が不足し、希望者の全員が駐車場を利用できない、という状況にあった。

しかし、昨今は、居住者の高齢化が進み運転をやめた人の増加、近隣の駐車場が増え安くなった、若者の自動車離れ、カーシェアリングの利用などにより、空き駐車場が増えている。

そのため、分譲マンションの管理組合は、当初見込んでいた駐車料金の収入が得られず、管理や修繕に支障が出てくる事態に直面している。

アズームの「駐車場サブリース」は、空き駐車場を一括借上げし、毎月安定的な収入を約束することで、「駐車場の収益化」を実現する。

エスコの「エネルギーソリューション」は、エネルギー利用を最適化し、施設全体の「省エネルギーによるコスト削減」を実現する。

両社は、管理組合向けのサービスを個別に提供していたが、今回の提携により付加価値の高い提案が可能となったとのこと。

今後、両社は東京・神奈川を中心に協業し、駐車場の収益化と運営コストの削減を実現し、安定的な管理組合の運営をサポートするという。

株式会社アズームのプレスリリース
http://www.dreamnews.jp/press/0000169023/