月極駐車場を貸したい、使いたい。駐車場をもっと近くに。駐車場ライフレシピサービス

賃貸で駐車場を使うと必要!「保管場所使用承諾証明書」の取得方法は?

車庫証明で必要な「保管場所使用承諾証明書」

新たにアパートやマンションを借りる場合、駐車場に車を保管するなら、車庫証明をとる必要があります。

車庫証明を取得する方法は、さほど難しいものではありませんが、アパートやマンションの駐車場を借りる場合は、車庫証明をとる場合に必要な書類の一つである「保管場所使用承諾証明書」を管理人に書いてもらわなければなりません。

保管場所使用承諾証明書とは、どのような書類なのでしょうか。保管場所使用承諾証明書について調べていくことにしましょう。

保管場所使用承諾証明書とは、どんな書類?

車庫証明を取得する際に必要な書類の一つである「保管場所使用承諾証明書」は、アパートやマンションなど、賃貸物件の駐車場を借りて、自分の車を保管する時に必要となります。

この書類を提出する理由は、もともと自分の土地ではない場所に自分の車を保管することについて、賃貸物件の管理人から許可をもらったことを証明するためです。

逆の見方をすると、この証明書を提出しなければ、「車の所有者は、管理人の許可なく駐車場に車を保管している」と判断されてしまうのです。

証明書は、どのようにして取得すれば良い?

それでは、保管場所使用承諾証明書はどのようにして取得すれば良いのでしょうか。

はじめに、車庫証明をとる際に必要となる書類を入手しましょう。書類は警察署で入手できるほか、カーディーラーで入手できる場合もあります。

必要となる書類は、保管場所使用承諾証明書のほか、「自動車保管場所証明申請書」、「保管場所の所在図・配置図」となります。

なお「建物賃貸借契約書」が、保管場所使用承諾証明書の代わりとなる場合がありますが、このことについては警察署の判断となりますので、駐車場を管轄する警察署に確認をとっておきましょう。

車庫証明にかかる費用はどれくらい?

車庫証明の手数料は都道府県によって異なりますが、普通車の場合2500円から3000円程度、軽自動車の場合500円から600円程度となります。

ただし、新しく車を購入した場合にカーディーラーに車庫証明を依頼すると、1万円を超える場合があります。車庫証明の手数料を節約したいと考えている場合は、自分で手続きを行うことも検討してみましょう。

自動車保管場所証明申請書と保管場所の所在図・配置図は、自分で必要事項を記入しますが、保管場所使用承諾証明書は、賃貸物件の管理人の許可が必要となることから、賃貸物件の管理人に書いてもらいます。

気をつけたいことは、保管場所使用承諾証明書を書いてもらうことは有料であることです。不動産会社にもよりますが、2000円から3000円前後となっています。

もし、書類を提出していないと、罰金になるの?

引っ越しをしたときなどは、車庫証明の変更手続きをすっかり忘れてしまっている場合がありますが、もし、保管場所使用承諾証明書を提出しない場合は、どうなるのでしょうか。

この件については、車庫法第17条に定められており、保管場所使用承諾証明書を提出しない場合は10万円以下の罰金となります。もし、保管場所使用承諾証明書を偽造して提出した場合は、20万円以下の罰金となります。

多くの人たちは「車庫証明関係の書類は偽造なんてしない」と考えていることでしょう。しかし、車庫証明の登録を行った後に引っ越しをして、引っ越し先で車庫証明の変更登録を行っていなければ、車庫証明書類の偽造としてみなされてしまう場合があります。

引っ越したときは、自動車税の納税通知を確実に受けるとるために、車検証の住所を変える必要がありますが、引っ越すことによって、車の保管場所も変わることから、新たに車庫証明をとる必要があります。

車の保管場所を変えていなかったために罰金を支払うことのないよう、車庫証明の変更手続きは、確実に行っておきたいですね。