月極駐車場を貸したい、使いたい。駐車場をもっと近くに。駐車場ライフレシピサービス

車離れが進行中!マンション駐車場にも空きが!発生する問題とは?

かつては「駐車場不足」、現在は「空き駐車場の増加」

かつて、分譲マンションにおける駐車場問題は、「駐車台数の不足」でした。

そのため、分譲マンションでは駐車場の抽選が行われることがありましたが、現在では、車離れが進行していることに伴い、分譲マンションでは駐車場の空きが見られるようになりました。

しかし、分譲マンションに空き駐車場が増えることで、さまざまな問題が発生しています。問題が発生する背景と問題の内容、問題を解決するための方法についてみていくことにしましょう。

マンションの駐車場が空く理由 車離れの進行

近年は、分譲マンションにおける空き駐車場の増加が問題となっています。そもそも、なぜ、分譲マンションの駐車場が空いてしまうのでしょうか。

その理由としては「車離れ」の進行があげられますが、特に、若い世代における車離れの傾向が顕著です。

現在では、車以外にも、インターネットやSNSなど、さまざまなサービスが充実していること、また、車の費用は、購入時のみならず、所有し続けることでも発生するため、車を購入する優先順位が下がる傾向にあります。

特に大都市においては、駐車料金が高いこともあり、費用をかけ続けてまで車を所有し続ける意味を見いだせない、という考え方が広がっています。

マンションの駐車場が空く理由 駐車そのものが不便

また、分譲マンションの駐車場は、限られたスペースを有効活用するために、機械式駐車場が多く見られますが、機械式駐車場の多くは、高さや幅に制限があるため、ミニバンのように高さのある車は機械式駐車場を利用できない状態となります。

そのため、分譲マンションの駐車場ではなく、多少高くても、近くにある民間の駐車場を借りているケースも見られます。

しかも、条件によっては、分譲マンションの駐車場よりも、民間の駐車場の方が安い場合があるのです。

これらの理由から、分譲マンションの駐車場が空きやすくなってしまうのです。

駐車場が空くと、どんな問題が発生する?

それでは、分譲マンションの駐車場が空くと、どのような問題が発生するのでしょうか。

駐車場が利用されなくなると、駐車場収入が減少することになります。駐車場付きのマンションの場合、マンションの管理費は、居住者から徴収するだけではなく、駐車場収入を当てている場合があります。

仮に、マンションの管理費について、駐車場収入があることを前提で考えていた場合、駐車場収入の減少は、管理費の減少を意味し、マンションの運営に支障が生じる可能性も考えられます。

また、駐車場が機械式の場合は維持費がかかるため、駐車場の機能を維持することが難しくなってしまいます。さらに、マンションの駐車場が平面式である場合、空きがあると無断駐車が問題となる場合もあるのです。

駐車場が空いている問題を解決する方法は?

分譲マンションにおける駐車場問題を解決するためには、どのような方法があるのでしょうか。

1つめは、駐車場の構造を変えることです。例えば、機械式駐車場で多くの空きが見られるなら、平面型の駐車場に変える方法があります。

これによって、機械式駐車場の維持費が削減できるだけではなく、車の高さや幅がネックで利用できなかった利用者が、駐車場を利用する可能性が期待できます。

もし、平面駐車場において無断駐車が心配であれば、コインパーキング型の駐車場として、無断駐車を防ぐ方法があります。

また、駐車場の利用が大きく減少している場合は、駐車場のスペースを減らし、駐輪場を整備する方法も考えられます。

2つめは、駐車場の料金を値下げすることです。周囲の駐車場料金の相場を調べ、相場よりも駐車場の料金を安く設定すれば、駐車場を利用していなかった利用者が、戻ってくる可能性があります。

分譲マンションを取り巻く環境は、日々変化しています。変化に柔軟に対応しながら、現状の問題解決を図りたいですね。

(画像は写真ACより)