月極駐車場を貸したい、使いたい。駐車場をもっと近くに。駐車場ライフレシピサービス

問題は事前に予測しよう!分譲マンションの駐車場で発生する問題は?

駐車場に対する認識によって、トラブル発生も

分譲マンションは、マンションの一室を購入する形をとりますが、マンションで駐車場を利用する場合、駐車場の多くはマンションの管理組合が管理する方式をとっています。

マンションは個人所有、駐車場は基本的に共同使用となっていますが、マンションを個人で所有しているという認識が強い場合、駐車場に関するトラブルが発生する場合があります。さらに、駐車場も分譲となっている場合、権利の面で問題が発生することも考えられます。

分譲マンションの駐車場で発生しうるさまざまな問題について、みていくことにしましょう。

「賃貸方式」と「分譲方式」の違いとは?

分譲マンションの駐車場におけるトラブルについて調べていく前に、分譲マンションにおける駐車場の方式について理解しておきましょう。

分譲マンションにおける駐車場の方式としては「賃貸方式」と「分譲方式」があります。

賃貸方式の場合、分譲マンションの駐車場の管理者は、マンションの管理組合となります。また、駐車場は、マンションの駐車場を利用する人々の共有スペースとなります。

駐車場の管理者は、マンションの管理組合であることから、マンションを購入したとしても、駐車料金を支払う必要があります。

分譲方式とは、マンションだけでなく、駐車場も購入する方式です。駐車場は個人の所有となるため、駐車料金を支払う必要はありません。

ただし、駐車場を個人所有する関係で、購入時に登記が必要となるほか、駐車場分の固定資産税を納税する必要があります。

「分譲マンションなのに、駐車料金を支払うの?」

分譲マンションの駐車場におけるトラブルとしては、「分譲マンションなのに、駐車料金を支払わなければいけないのか」という声が上がることです。

そのように考える理由としては、「賃貸の物件であれば、駐車場代の支払いも理解できるが、物件を購入すれば、駐車場代を支払う必要がないはず」ということです。

確かに、駐車場も分譲されていれば、駐車場代の支払いは不要となりますが、駐車場が賃貸方式であるならば、先述したとおり、マンションの管理組合が管理しているため、駐車料金を支払う必要があるのです。

マンションで駐車場を利用する場合、駐車場がどちらの方式となっているのか、ということを確認しておきましょう。

空き駐車場が増えると、問題が発生しやすい状況に

また、分譲マンションの駐車場における問題として、「空き駐車場の問題」があります。

かつては、マンションの駐車場が不足していたこともあり、マンションの駐車場台数を充実させる動きが見られましたが、現在では駐車場不足が一転し、車離れなどの進行により、駐車場に空きが見られるようになりました。

駐車場の空きが増えると、常に駐車場が空いていることもあり、無断駐車する事例が多く見られるようになりました。中には、マンション居住者の駐車スペースに駐車する事例も見られ、トラブルが発生する原因となっています。

さらに、駐車場の空きが増えるに連れて、マンション管理組合における収入の減少も問題化しています。

そのため、駐車スペースの縮小や、空き駐車場の貸し出しなど、時代の変化に対応する動きが求められます。

駐車場も分譲にすると、駐車場が第三者に渡ることも

仮に、分譲マンションにおいて、駐車場も分譲であるとしましょう。

分譲マンションに住んでいた人が、マンションを売却した場合、マンションのみならず駐車場も売却されることになりますが、その際に、駐車場の権利が同じマンションの住人に売却されるのではなく、マンションの住人ではない第三者に売却されてしまうケースも考えられます。

マンションの権利を購入した第三者は、マンションの駐車場を貸し出し、収益を得ることができる反面、マンションの住人としては、マンション内の駐車場を利用することができないために、不利益を被ることになります。

そのような事態を防ぐためには、マンションの駐車場を分譲方式とせず、賃貸方式としてマンションの管理組合が管理する方法があります。

分譲マンションにおいては、駐車場に関する問題が発生する場合がありますが、あらかじめ発生しそうな問題を予測しておくことで、問題を防ぎやすくなることでしょう。

(画像は写真ACより)